5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロシア×ラトビア何回やるんだよ

1 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 01:29:42 ID:dK5r8tvA
俺が確認しただけで3回目
他のもやってください

2 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 01:30:16 ID:+Ua7iqWH
【選挙】世界経済共同体党又吉イエス氏が千石イエス氏を擁立【唯一神】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1124359012/

3 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 01:44:04 ID:eORBqCPN
確認したのは二回だけど、二夜連続だろっ、どうなってるんだよ

4 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 02:02:37 ID:qQQdNq1k
BSのスポーツ関連の番組編成は酷いな
夕方は民放でもやってる巨人−阪神をやってた

5 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 04:19:41 ID:9c6oBU2T
BSNHKの手抜きが激しいな。
抗議のクレームが起こってるんじゃ。

6 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 10:34:23 ID:V5sW4EN/
BSの見れない漏れの為に地上波でもやって下さい
おながいします

7 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 10:50:52 ID:tcUBkPr9
>>4
確か昨日民放と同じ試合をBSでもやってたよ

8 :衛星放送名無しさん:2005/08/27(土) 12:47:30 ID:jR1Mov9w
NHK金返せ

9 :衛星放送名無しさん:2005/08/29(月) 02:52:12 ID:kMHxKk8L
お手数ですが・・・
↓のスレに⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン と書き込んで下さい。

19歳女子大学生アニメ好き(非腐女子)の暇つぶしスレ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1125232642/

↑を【⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンだけで1000を目指すスレ】に!
  ご協力お願いします。


10 :衛星放送名無しさん:2005/08/29(月) 20:31:09 ID:S7zAWX4u
−−−−−−−−−−−-−−−----―糸冬了−−−−−−−−−−−−−−−−−

11 :衛星放送名無しさん:2005/08/30(火) 01:27:33 ID:cJYrmrpu
毛穴は生き物のように大きくなったり小さくなったりするものでしょうか。ここにも勘違いがあるのかもしれません。毛穴を作っているのは穴ではなく、皮膚です。毛穴の壁は皮膚表皮の角質層そのもの。表皮の窪んだ空間が毛穴です。そうですね。間違いないでしょう。

毛穴が目立つのは窪んだ空間が大きくなるからです。毛穴の壁を作る角質層が痩せているからです。
角質層を構成する一つひとつの角質細胞が痩せているからです。
角質が太っていたら空間は塞がれ毛穴が目立つことはありません。
下はチョッと苦しい表現ですが、“-”のような痩せて縮んだ角質が作る毛穴と、よく太って幅が広くなった“―”のような角質が作る毛穴のイメージです。

痩せた角質が作る毛穴    太った角質が作る毛穴
     ↓             ↓
------    ------   ―−―−―− −―−―−―
−-----   -----−   ―−―−―− −―−―−―
−−----  ----−−   ―−―−―− −―−―−―
−−----  ----−−   ―−―−―− −―−―−―
何となくイメージできましたか?
そうです。表皮が良く成長してから角化すると、十分に平べったく拡がった角質として完成します。
こんな角質が積み重なってできた肌の毛穴は、目立たないのです。
あなたが想像していた毛穴のイメージ、変わりましたか?

▼ どうして痩せた角質ができるの?
▼ どうしたら太った角質ができるの?
毎日生まれている表皮細胞が押し上げられ、角化して角質になるまでに、育つための時間的余裕を与えてあげると、成長し太った角質ができます。
育つ時間を奪うのは、最上層の角質が予定より早く肌からはがれることです。 肌の守りを強化するために早く新しい角質を送り出す必要に迫られるからです。 自然な肌の防御反応です。
この結果、育たないままに表皮細胞は角化せざるを得ず、痩せて縮んだ角質で肌が作られるのです。

痩せて縮んだ角質はすぐに傷んで剥がれやすいので、悪循環が続きやすく、この状態から脱するのが困難になっています。
ダメージで傷まないように保湿・保護を適切にしてあげることと、あなたが気づかずに行っている角質のはがれを促進しているケアをなくすことで、肌はようやくしっかり成長した細胞を、角質として送り出すことができるのです。

もう一つ大切なことがあります。
角質のはがれを促進するような洗顔料や化粧品を使用しないことです。

▼ 角質層が厚くなったら、美肌じゃない?
▼ 角質がはがれなくなったら困るのでは?
そんな心配は無用です。

よく育ち角化した角質は、少しでも傷むと角質を繋いでいるセラミドを分解する酵素を出し、自ら剥がれていきます。
傷んで醜くなれば、自然と剥がれていくのです。
醜い角質だけがはがれていくのです。
シャワーを浴びるだけで、お風呂につかるだけで剥がれていきます。

一方、痩せた角質は分解酵素が不十分なため、角質が傷んで醜くなってもなかなか剥がれることができません。
守る力が弱いので、綻びはどんどん拡がります。
それでやっと壊れて、剥がれていきます。
しかし、素直に剥がれることができず、周囲の角質、上下の角質を道連れにゴソッゴソッと剥がれるのです。
結果として育ちの悪いこのような角質は剥がれにくくなっていることが仇になり、逆に早く、しかもたくさんはがれていくのです。

醜い角質が厚くなっていたら、古い角質が滞積しているように見えます。
しかし実際は、未成熟な若い角質の滞積なのです。
勘違いしやすいところですね。

醜いからといって剥がしても、効果はその場だけ、美しい角質が育たない状態が続くのです。
未熟で非力な角質をたくさん積み重ねて、角質層の厚さでカバーしょうとしている肌の必死の努力を無駄にしないで、哀れな角質を剥がれないようにしてあげることこそ、適切なケア、美肌を作るケアと言えるのです。

12 :衛星放送名無しさん:2005/08/30(火) 01:40:13 ID:cJYrmrpu
黒ずみは毛穴出口付近に付着する酸化した皮脂や汚れ
このような事実を聞かされると、やはり取り除きたくなるのが人情ですね。 取り除くことはできるのですが、付着する原因をなくさない限り皮脂や汚れに終わりがあるわけではありませんから、付着し続けます。

なぜ毛穴付近に付着するかというと、毛穴の出口付近が少し凹み、毛穴の出口付近の肌表面が硬くなっているからです。
程度の差はいろいろですが、皮膚の状態としては毛穴が目立つ状態とまったく同じです。
この汚れがなぜ取れないかというと、硬くなった皮膚表面と酸化した皮脂汚れはピッタリとくっつき一体化しているからです。
取り除こうとしてもなかなか剥がれません。
急くと、必ず皮膚表面と一緒に剥がされることになります。
皮膚表面とは角質のことです。
ノーズパックとか、汚れ取りパックなどといわれているのが2の方法の最たるものです。 その場はきれいになりますが、すぐまた元通りの黒ずみが…。 繰り返していると、毛穴の開きがさらに目立つようになり…。 あとはお定まりのコースですね。
このようなわけです。
しかし、そもそもなぜ毛穴が拡がり気味になってくるのでしょう。
毛穴が目立つのは、鼻や鼻周りまた額・眉間など皮脂腺の発達している部位によく見られます。 「皮脂腺が発達しているから、毛穴だって大きくなるのは当然」といえなくもないのですが、大きさの違いは本来目でわかるような違いではありません。
原因は、何かの因で角質が予定より早くはがれていくような肌管理、肌ケアになっているからです。
代表的な例を挙げてみましょう。

皮脂の多い部分は時にベタベタするし、汚れもつきやすいもの。
すると、どうしてもよりさっぱりさせたいと思う傾向が出てくるのは、当然かもしれません。 しかし、この当然の思いがさせる洗う熱意は人様々、使用する洗顔料の働きもそれぞれというわけです。
適切でない洗顔が、角質のはがれる周期を予定より早くしている、もっとも大きな原因になっています。
日々のケアの結果、角質のはがれるテンポがほんのわずか速いテンポに傾いていると、日々作られる角質は次第に未熟な角質に変わっていきます。 剥がれるのが速まると、育ちが十分でない表皮が角質にならざるを得なくなってくるからです。
未熟な角質は水分保持力が弱く、痩せて薄く小さいものですから、乾きやすく硬いのです。 硬いだけなら良いのですが、細胞が小さいから毛穴は拡がらざるを得ません。
毛穴が拡がると、毛穴付近はますます乾燥の影響を受けやすくなります。
このようにして硬い皮膚表面が作られ、酸化した皮脂汚れがピッタリとくっつく肌(土壌)が作られていきます。
汚れを取り除くことは大切なことですが、角質まで取り除くことに繋がる洗浄は、今日・明日の視点で肌を見ているとそれなりに満足できる結果を見せてくれますが、一週間後・一ヶ月後の美肌にとってはマイナスでしかありません。
時間の経過と共に進行するため気づきにくいのですね。 だからこの罠にはまる方が多いのです。

13 :衛星放送名無しさん:2005/08/30(火) 01:40:57 ID:cJYrmrpu
角栓に分泌される皮脂や化粧品の汚れが絡まり、酸化して取れにくくなり、時に毛穴に栓をしたようになって皮脂詰まりの原因になることがあります。 それで「角栓」と呼ばれるようになりました。

角栓を作っている角質の特徴は、通常の角質より小さく厚みも面積も小さな死細胞です。 つまり未熟な表皮細胞が角化したもので、角質同士を繋ぐセラミド等の細胞間脂質形成が不十分なため、乾燥して剥がれやすい角質の集まりです。

しかし未熟であるために、傷んだ時に放出する細胞間脂質分解酵素も不十分で、成熟した角質がバラバラになってすっきり剥がれていくようなわけにはいかず、どこかしっかりくっついている所があります。 これが角栓として毛穴付近に取り残される原因です。
また、ムリに取り除くと、さらなる角質はがれの原因を作っていくものであるわけです。

>  タオルでなぞるようにこするとすっきり取れるのです。
>  その後に残っているのはもとの大きな毛穴・・・。という悪循環です。

>  何か良いアドバイスをお願いいたします。

長期的な視点での答えは明らかです。

▼ けっして取るべきではありません。

なぞるように優しくタオルで拭ったつもりでも、しっかりくっついていた部分が周囲の角質を道連れに剥がしたり、新たに剥がれかける角質群を作り出しています。
次に角質層が剥がれやすくなる準備をしているようなものです。
おっしゃるとおり悪循環ですね。 これではいつまで経っても肌(表皮細胞)が育つ時間は与えられません。 育った細胞が角化するようにならない限り、毛穴は開いたままです。
でも逆に言うと、

「角質の剥がれを防ぎ、肌が育つ環境さえ維持してあげれば、毛穴の目立ちは簡単になくなります。ただ育つのに時間がかかるだけです。」
http://www.sappho.co.jp/bihada/keana/keana06.htm

14 :衛星放送名無しさん:2005/08/30(火) 01:41:22 ID:cJYrmrpu
● 化粧落とし(メイク落とし)
純粋なクリーム仕様、もしくは純粋なオイルで化粧を浮かせるだけの化粧落としがお勧めです。 クリームタイプ、オイルタイプ…では選択を誤ります。 純粋なクリームや純粋なオイルではない製品が多いからです。
見分け方はすすぎ洗いで洗い流せるか否かで判ります。 純粋なクリームやオイルは洗い流しても肌にクリームやオイル成分がベッタリ残ります。 このような性質のものを選択して下さい。
● 仕上げ洗顔
様々な洗顔料がありますが、アルカリ性の石けんによる洗顔料が肌に界面活性能が残りません。
石けんという界面活性剤だけが持つ特異な性質で、すすぐだけでアルカリ性が消え、界面活性剤でなくなってしまうからです。
多少面倒ではありますが、この組合せのみがどのような肌にも安心して対応できる、肌が育つ洗顔料・洗顔法式であります。
後はそれぞれの製品の良し悪しがあるだけです。

▼ 保湿・保護のケアを適切に
毛穴が目立つ方はたいてい皮脂も活発で、必要以上に脂分・油分を避ける傾向が身に付くようです。
さらにしっとり保湿とベトベト保湿の見分けがつかなくなっているのかと思うくらいに、保湿することまで避けているように見えます。
これでは角質の寿命は短くなり、剥がれやすさが促進されます。

毛穴が目立つ肌に共通の傾向としてよく見られるのは、皮脂が過敏に分泌される肌が多いことです。 環境変化、温度や乾燥に過敏に反応して皮脂が分泌されるようになっているのです。
これは角質層が未熟なバリア層になっているため、環境変化に対して恵まれた皮脂分泌機能が亢進する結果を招いているのです。
適切な保湿・保護のケアがなされるようになると次第に治まってきます。

ところが皮肉なことに、皮脂機能が亢進しやすい肌質がすぐに変わるわけではないので、最初はべたつき気味に感じます。
この感触が耐えられなくて、保湿・保護のケアが億劫になっていきます。 悪循環が起こりやすい罠が用意されています。

夏に、冷房で乾燥した空間なのに、乳液あるいはクリームなどによる保護がなされていないと、肌は必死で皮脂を分泌して肌を守ろうとします。
しかし真冬の乾燥以上に乾燥した空間ですから、皮脂ではとても守り切れません。
角質は皮脂でベタベタする時が多いのに、一方で着実に乾燥の影響で角質層は傷み、剥がれやすさが作られていきます。

といっても、一歩外に出ると蒸し暑い空気がムッと肌を包む。
保護のケアが鬱陶しくなる。
「とてもクリームなんてつけてられない!」となるわけです。
ここにも悪循環を起こしやすい罠が隠されています。

このようなことに注意してケアを続けていると、角質が剥がれるスピードが遅くなり、肌が育つ成果が角質に現れ始め、肌そのものの状態が次第に変わってきます。
過敏さがなくなり、皮脂も少なくなります。
角質が育ち整ってくると、毛穴(隙間)は自然に閉じてきます。
角質が太ると肌が太るからです。

● 毛穴を見るのでなく、肌(角質層)を見る。

毛穴が目立つ肌はどこかで歯車が狂いだしただけです。
この歯車の掛け違いを元に戻すには、あるていど今までの肌感覚を理性的な目で捉え直し、無視する視点を持つことが必要なのかもしれません。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

         プリプリプリィッ `-;;__;__;;;;-''"''ヽ、^'!=ニニニ---ー''"゙,入:::ヽ、:::::`'''''"゙^:::::::::./:::::::::::::::::_,,,/
                            .`'ー‐----‐―'''"´  ゙'--ミ,ー::::::::::::::::::::::::::::::_,,,-ー''''"` >12
>>314>>535>>11314>>43.>>12 /test/read.cgi/livebs/1125073782/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)